“ゲームとITで、ビジネスをもっと楽しく・簡単に!”

ビジネスの基礎はゲームで学ぶ?

 
 
 

しおさいオフィスでは、ビジネススキルやノウハウを学ぶ研修にゲームを取り入れています。


真剣なビジネスの世界に、ゲームのような「楽しさ」は不要でしょうか?確かに遊びとビジネス(仕事)は違います。でも、そもそも「ゲーム=遊び」とは限りません。それどころか「ルールの下で目的を達成する(時には競争する)」という意味では、ゲームもビジネスも同じ。だからゲームを通してビジネススキルを学んだり、ビジネスそのものを模擬体験することも十分可能なんです。


ビジネス研修にゲームを取り入れるメリット


  • 参加が苦痛にならない
  • 研修内容(ゲーム)に集中しやすい
  • 勝利(=成功)すれば達成感と充実感で学習効果がアップ!
  • 敗北(=失敗)しても悔しさと反省で学習効果がアップ(笑)


「失敗は成功の母」という言葉がありますが、だからといって実際のビジネスで「失敗したい」と思う人はいません。この点、ゲームなら安心して失敗することができますし、適度な挫折感(?)や悔しさを味わうことで、研修効果を最大限に引き出すことができます。

研修に使うゲームの内容


しおさいオフィスのビジネス研修では「ダイナミズム」というゲームを使用します。「ダイナミズム」では8名〜20名程度の参加者がそれぞれ「事業主」として、互いに商品を売り買いしたり自社に投資したりすることで、ビジネスの成長を競い合います。

プレイ時間は3時間〜5時間程度と長めですが(調整可能)、小学生から会社オーナーの方まで幅広くプレイできる、非常に懐の広いゲームです。また実施する地域や目的に合わせてルールをカスタマイズすることも可能なので、研修効果もバッチリです。


参加者の声

ダイナミズムは不定期で一般開催しているほか、会社や団体での研修実施も可能です。まずはお問い合わせください。